はじめてお取引きされる方へ

JAとは

JAとは、Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)の略で、農業協同組合のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。

「一人は万人のために、万人は一人のために」という精神のもと、組合員農家の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくられた協同組合です。

JAマーク

JAマーク

全体として安定感のあるデザインは、「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージし、三角形は「自然」を、Aの部分は「人間」をあらわしています。

Jの左側の円は、「農業の豊かさ」「実り」と、協同の精神に基づく「人の和」を象徴しています。

マークの緑色は「JAグリーン」といい、自然環境と成長を象徴し、深みのあるやさしさを感じさせるものです。

組合員

JAには、准組合員制度があり、農業者以外でも出資することによって、JAの事業を正組合員と同じように利用できます。

正組合員との違いは、総会での議決権や役員の選挙権などJAの運営に関与ができないところです。

事業

指導事業
営農指導」は、組合員の営農活動を助け、地域の農業生産力の維持、向上を目的として行っているものです。
生活指導」は組合員の生活全般についてサポートし、組合員や地域社会の生活改善と向上をはかるため、健康・文化など広範な指導活動を行っています。
信用事業
組合員はもちろん、地域住民からの貯金の受け入れ、暮らしや事業に必要な資金の融資、為替の取り扱い、債務の保証や国債などの取り扱いを行っています。
共済事業
病気や事故、自然災害などのリスクに備えて、助け合いの精神で保障し合い、損害を回復し、農業経営と生活の安定を目指そうというもので、JAグループの共済事業のことをJA共済と呼んでいます。
購買事業
農業生産に必要な資材や生活に必要な物資をJAを通して供給します。
販売事業
組合員農家が作った新鮮で安心な農産物等をJAを通して販売します。
保管事業
米や大豆などの農産物を、低温倉庫等で品質を低下させないよう万全の管理で保管しています。
利用事業
組合員個人ではもてない施設を共同で設置し利用する事業です。代表的な施設としてカントリーエレベーター、育苗センターがあります。
旅行事業
海外旅行の手配・ご紹介から、国内お好きなところへの旅行手配、また、東京ディズニーランド等のチケットの取り扱いまで、「1枚のキップから」をキャッチフレーズに、皆様の旅のお手伝いをします。

ページの先頭へ

JAいみず野について
サポート情報
商品・サービス
情報
このサイトについて