直売会員

JAいみず野直売会員募集中

直売の特徴
  • 直売会員間でのコミュニケーションが図れ、友達の輪が広がります。
  • 野菜や花の栽培講習会に参加することで、栽培技術の向上が図れます。
  • 自分で生産した農産物が売れることでお金儲けができます。
  • 小さな家庭菜園をお持ちの方など少量でも気軽に出荷できます。
  • 自分で生産した農産物に、自分で価格をつけることができます。
直売参加者のルール
  • 自分の生産した農産物に責任を持たなければなりません。
  • 出荷した農産物が売れ残った場合、引き取らなければなりません。(返品の可能性があります)

1. 支店別会員登録人数

支店名 人数(人) 支店名 人数(人) 支店名 人数(人)
小杉支店 34[35] 大門支店 7[4] 東部支店 36[37]
太閤山支店 141[146] 新湊支店 5[6] 本店 14[13]
三島野支店 33[41] 新湊南支店 43[54]    
南郷支店 27[30] 片口支店 7[8]    
大島支店 28[31] 堀岡支店 1[0] 376[405]

(令和元年12月末現在 [ ]内は平成30年末)

2. 農産物直売所でよく売れる品目選定のポイント

野菜

  1. 鮮度低下がはやい野菜をつくる

    ほうれんそう、こまつな、みずな等の軟弱野菜、ブロッコリ−、カリフラワー、なばな等の茎菜類、スイートコーン、えだまめ、オクラ、モロッコインゲンなどの未成熟穀豆類

  2. 貯蔵性が高く、収穫後に継続的に出荷できる野菜をつくる

    ばれいしょ、さといも、さつまいも、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎ、冬瓜など

  3. スーパーであまり見かけない野菜をつくる

    とう菜(折り菜)、二十日大根(ラディシュ)、黒大豆や茶豆のえだまめ、まくわうり、葉付きだいこん、葉つきにんじん、ステムレタス(やまくらげ)、ルッコラなど

  4. 品種を変えることで大きさや形で差別化できる野菜をつくる

    トマト、きゅうり、なす、オクラ、キャベツ、はくさいなど多数

  5. 収穫期間の長い野菜をつくる

    トマト、なす、きゅうり、いんげんまめ、ふじまめ、オクラなど

  6. あまり手のかからない野菜をつくる

    モロヘイヤ、つるむらさき、しそ、オカヒジキ、エンサイ(空心菜)など

  7. 1度植えれば数年にわたって収穫できる宿根性の野菜をつくる

    にら、花にら、アスパラガス、ふき、ふきのとう、みょうがなど

  8. 収穫時期を早めたり遅らせたりする

    早生・晩生品種、マルチ栽培、トンネルや不織布をかける、ハウスの活用など

切り花

  1. 直売所の切り花は鮮度が高いことから花持ちがよく、人気商品となっています
  2. 小ギクや輪ギクなどの仏花は、1年を通して需要があり、特に8月のお盆時期には大きな需要があります

    小ギク、輪ギク、アスター、ケイトウ、リンドウ、シンテッポウユリなど

  3. 庭に植えてある花木・枝物を、水上げしながら暖かい場所等で開花を早めたり、葉をふかして出荷する

    ハナモモ、ユキヤナギ、ボケ、ヤナギ類、アジサイ、モクレン類、ウメモドキ、キイチゴ、エニシダなど

  4. 実を楽しむものをつくる

    実つきバラ、ヒペリカム、ナンテン、トウガラシ、フォックスフェイス(ツノナス)、ヒオウギなど

Nツアー 株式会社農協観光

JAタウン

家の光ネット

とやまお米だより

JAライフ富山

ページの先頭へ

JAいみず野について
サポート情報
商品・サービス
情報
このサイトについて